2014年8月14日木曜日

PC関連電気工作>USBスタンドをつくってみた(2)

前回、USBハブを貼り付けた、スタンド様なものを作ってみたが、材質が金属なせいか、USBハブをうまく固定できなかった。

今回は、材質を木製にして、作り直してみた。

[材料]
●本体
100均(セリア)の、インテリアキューブディスプレイボックス。材質は木製で、USBハブをホットボンドで強固に接着可能となる。

●装飾用のパネルに穴があいているので、それを隠すために使用。

●装飾用のパネル。サイズが木製ボックスとほとんど同じなので、加工する手間が省ける。

 ●USBハブ。前回使ったもので、4ポートを三台とし、適当につなげて、10ポートとする。

[製作]
●USBハブの裏側にホットボンドを塗りつける。
 ●ボンドが熱いうちに、ホットボンドを塗りつけたUSBハブを、ボックスに固定してゆく。下に2つと、背面にひとつを取り付ける。
 ●固定後、ボンドがさめたら、プラグを挿してゆく。長いコードは、輪ゴムでまとめておく。
 ●ボックスの外側の装飾をする。パネルの麻ひもがじゃまなので、切り落とす。
 ●パネルの裏側に、両面テープを貼る。
 ●正面と上側に、パネルを貼り付ける。サイズはほぼぴったり。
 ●麻ひもが通っていた穴に、ピンをさして、隠す。
 ●出来上がりは、こんな感じ。

0 件のコメント:

コメントを投稿