2015年6月30日火曜日

雑感>ニセアカシアの樹皮上の棘による疼痛

[原因]

マメ科ハリエンジュ属ニセアカシア(ハリエンジュ-針槐-)の樹皮上にある棘。花以外に毒があるようだが、詳細は不明。動物(馬など?)が樹皮などを食べて、中毒症状を起こした例があるようだ。

http://www.flower-photo.info/ お花の写真集

[状況]

撤去作業中に棘をさした

[症状]

数時間以内に強い痛み、炎症が出て、患部には熱感出現。1日たっても症状が治まらない。時として、全身のだるさ、吐き気など。

[処置]

できるだけ早く処置。遅れると、手術が必要となる事もあるらしい。
棘を完全に除去
場合によっては、切開・洗浄が必要

[投薬]

念のため内服抗生剤の投与
頓服での消炎鎮痛剤の処方
症状が強いようなら、1回又は数回分の抗ヒスタミン剤又は抗ヒ剤+ステロイド合剤
熱感が強いなら、冷却などの処置

[その他]

アレルギー症状にも思える


※単なる覚書。この文章に従って発生した損害には、いかなる責任も負えません。

0 件のコメント:

コメントを投稿