2017年12月12日火曜日

※ss select>魔法科高校の劣等生

ss 魔法科高校の劣等生

キィチャ 作(HAMELN)
魔法大学附属第一高校。この学校に入学することを許された時点で、世間一般から「エリート」と見なされる。だがしかし、この学校には優等生ブルームと劣等生ウィードという、差別が存在する。これは、そんな魔法科高校に入学した、ある1人の少年の物語。
▶魔法科高校の欠陥生(旧 堕ちた優等生) 全45話 執筆中
レイヴェル 作(HAMELN)
目が覚めるとそこは見知らぬ部屋だった。いきなり知らない世界に飛ばされた彼はどう動く?(一応『ラブライブ! -彼はどう変わる?-【リメイク】』の後日談)
▶魔法科高校の劣等生 -彼のこれからは- 全23話 執筆中
夕陽 作(HAMELN)
神様にいきなり死んだことを告げられた雪柳闇夜。だが、死ぬ前に人の命を助けたことにより転生できることに。四葉真夜を助けたが、なぜか達也達と同じ年に魔法科高校に入学することになった。
▶駒を操る劣等生 全7話 執筆中
國靜 繋 作(HAMELN)
四葉家の深夜と真夜の兄として転生した終夜。だが、チート能力を貰う代わりに終夜は原作知識を失って転生してしまった。
▶魔法科高校の劣等生~世界最強のアンチェイン~ 全22話 執筆中
クロイナニカ 作(HAMELN)
魔法科高校の劣等生の世界で。ちょっと未来が見えたり。ちょっと時間停止もどきをしたり。ちょっと空間置換できたり。そんな色々できる主人公の物語。
▶魔法科高校の変人(仮) 全6話 執筆中
fallere 作(HAMELN)
魔法科高校、日本の九か所に設置された国営の魔法師育成機関。そのうちの一つ、『国立魔法大学付属第一高校』に、アンタッチャブルと呼ばれる家から一人の少年が入学した・・・。
▶四葉のもう一人の後継者 全9話 執筆中
NANSAN 作(HAMELN)
とりあえず三つの特典を貰った。主人公『じゃあ、演算能力高め、記憶能力高め、健康な体で。これで一流大学狙えば平穏無事な生活も出来るでしょ』神『え? チートいらんの?』そんな主人公が生まれたのは黒羽家だった。
▶黒羽転生 全38話 執筆中
スッズムシー 作(HAMELN)
その日の夜、世界中から【アンタッチャブル】として恐れられている四葉家からの通知に日本魔法界だけでなく世界中に衝撃が走る。 それは【極東の魔女】として世界最強の魔法師の1人とされている四葉真夜に息子がいるとの通知だった。
▶四葉家の死神 全52話 執筆中
God wind 作(HAMELN)
僕の名前は篠原 純。魔法力と普通の家庭に生まれること、固有魔法を特典にもらい、生前大好きだった『魔法科』の世界に転生してきた。目標は「楽しい人生ストーリーを築き上げること」だ。そのために親にも自分を見せず、普通を偽ってきた。
▶魔法科高校のピエロ 全8話 執筆中
ぬし 作(HAMELN)
魔法が現代の技術になってから一世紀が経とうとしていた。日本で最強の魔法師集団『四葉家』。だが、四葉に存在することすら許されない落ちこぼれが生まれた。
▶魔法科高校 四葉の追放者 全13話 執筆中
tomato 作(HAMELN)
特に飾りのない制服はネクタイを着けずに第二ボタンまで開けて着崩され、整った顔には左側に集中するように小さい傷がいくつか付いている。髪は明るい茶色をしていて、陽の光が当たっている部分は橙色にも見える。左耳の軟骨に三つのリングピアス。右耳にも穴が二つ空けられチェーンピアスが通されている。左手はポケットに突っ込まれ、晒されたた右手にはゴツイ指輪を着けている。
▶魔法科高校の転生者、あるいは一般人、しかし不良、もしくは問題児、または異端者、のちにチート 全17話 執筆中
BEBE 作(HAMELN)
これは、魔法大学付属第一高等学校に在籍する、やや優等生な少年がさまざまな出来事に巻き込まれていく物語である。森崎とのからみ。
▶魔法科高校のやや優等生 全17話 執筆中
DEAK 作(HAMELN)
神の手違いにより死んでしまった少年、特殊能力を得て、転生した先は、あらゆる謀略の中心地、四葉家であった。その力、頭脳、全てを駆使して、少年は悲劇に挑む!!
▶四葉の影騎士と呼ばれたい男 全79話 執筆中
連夜 作(HAMELN)
若くして亡くなった彼は神により転生を受ける。転生した先は魔法科高校の劣等生という魔法が介在する世界だった。そして転生して産まれた所は一般家庭。しかし桁違いの魔力に周りから狙われることを恐れた両親は偶然みつけた四葉家に訪れその家の前に置いていく。四葉真夜は周りからは毛嫌いされている存在だが人の子であるが故見捨てることが出来なかった、しかし理論無視の魔法に当主四葉真夜は頭を悩ませる。はたして彼はどのような道を歩みのだろうか。
▶生まれ変わった先は四葉家 全4話 執筆中
GanJin 作(HAMELN)
「あの野郎、全然間に合ってねえじゃねぇか!入学式早々遅刻とかシャレにならねぇっての!!」第一高校の新入生の一人である少年は、現在、新しい高校生活に胸を躍らせる余裕もなく無我夢中で第一高校に向けて走り続けていた。
▶魔法科高校の劣等生と優等生、加えて問題児 全56話 執筆中
ゆうと00 作(HAMELN)
完全無欠の優等生、司波深雪。大きな秘密を抱えた劣等生、司波達也。そんな兄妹の良き理解者は、“魔法少女”に変身する“ボディービルダー”、高田厚志(38歳)だった。
▶魔法科高校に鐘が鳴る 全105話 執筆中
ユウキバ 作(HAMELN)
ある日アメリカ陸上自衛隊中将龍崎蓮が、日本の国立魔法大学付属第一高校に通うことになった。そこでは新たな出会いが待っていた。
▶魔法科高校の劣等生〜1人の男の紡ぐ物語〜 全17話 執筆中
ユウジン 作(HAMELN)
2095年……魔法が夢や本の中での話しではなく現実のものとなった……それと共に設立されたのが魔法科高校……この高校入学した草繋くさなぎ 大翔はるまは多くの出会いと事件に巻き込まれることになっていく……だが彼には秘密があった……ある特定の人間のみ知り得る秘密……欠陥品と呼ばれる所以が……
▶魔法科高校の劣等生 欠陥品の魔法師 全24話 執筆中
霖霧露 作(HAMELN)
―――やり直すことが出来るだろうか。俺の、その人生を。―――書き換えることが出来るだろうか。彼らの、その運命を。
▶魔法科高校の編輯人 全9話 執筆中
マーボー 作(HAMELN)
現実味がない話ではあるが、突如として、俺は転生することになる。そしていざ転生してみれば、その世界には『魔法』が存在していたのだ。新たな人生は波瀾万丈なものになりそうな予感がするけど、今更やめる気なんてありはしない。新しく出来た兄さんや姉さんとともに、人生を楽しむことにしたのだった。
▶魔法科高校に訪れた白い夜 全20話 執筆中
天兎 フウ 作(HAMELN)
普通に寝て起きたら、何故か魔法科高校の劣等生の世界に転生していた、しかも四葉家として。え、ナニソレコワイ。そんな主人公、四葉紅夜が四葉の血筋らしくチートな力を手にして好き勝手に生きる話。
▶魔法科高校の劣等生 〜夜を照らす紅〜 全46話 執筆中
鯛の御頭 作(HAMELN)
「納得いきません」見目愛らしい少女が私たちの目の前で不満げに口を開いた。老若男女振り返るほどの美少女が、その顔をわずかに曇らせながら私たちを見上げた。私と隣の彼はまたかと思ったが口には出さない。幸いなことにまだ人気もほとんどないため、この場にいても目立つことはないだろう。「なぜお兄様が補欠で、お姉様が新入生総代ではないのですか」
▶恋ぞ積もりて 淵となりぬる 全91話 執筆中
きいちゃ 作(HAMELN)
これはある理由によって数字落ちとなった青年が、波乱万丈な高校生活を送る物語。
▶数字落ちの優等生 全9話 執筆中
カボチャ自動販売機 作(HAMELN)
なんで死んだのかも分からない、でも気がついたら『魔法科高校の劣等生』の世界に転生していた元男子高校生。そんな彼はどうやら生まれた時から特大の爆弾を抱えているようで…。
▶魔法科高校の劣等生に転生したら生まれた時から詰んでいた件について(仮) 全157話 執筆中

気がついたら柴田美月に転生していた男子高校生が頑張る話。
▶美月転生。~お兄様からは逃げられない~ 全65話 執筆中
ローニエ 作(HAMELN)
「きっとまた日本に戻ってくるさ!」そう言い残し日本を飛び出した斎藤翔人。
▶魔法科高校の劣等生~幼馴染たちと共に~ 全31話 執筆中
kunimitu 作(pixiv)
「入学おめでとう。達也くん。ようこそ。魔法科高校へ」 真由美は手を差し出す。「これからよろしくお願いします。七草先輩」  達也はその手を握り返した。「もう。またそんな呼び方」 他人行儀に呼ばれた真由美が、握手をしたまま頬を膨らませる。
▶たつまゆ 全24話 執筆中
ドラ@現在更新停滞中 作(pixiv)
「魔法」、それが御伽噺の産物ではなくなってから1世紀がたっている。「納得できません!!」「まだ言っているのか...?」 第一高校の入学式の日の朝、会場の前で、言い争いをしている男子生徒と女子生徒がいた。同じ新入生である。「なぜお兄様が新入生総代ではないのですか?入試の成績はトップだったではありませんか!!」「まぁまぁ、深雪ちゃん、落ち着い...」「真由美は黙ってて!」
▶年齢操作魔法科 全11話 執筆中
madamu 作(HAMELN)
魔法科高校の劣等生の世界に転生して36年。国防陸軍の情報部にある零細部署の諜報員だ。童顔を生かし、任務で国立魔法大学付属第一高校に潜入することになった。これだけならオリ主転生モノだが、問題が。どうやら俺以外にオリ主がいるようだ。
▶うちの魔法科高校の劣等生にはオリ主転生が多すぎる 全33話 執筆中
悪魔の実 作(HAMELN)
神様に殺された青年はゴーストドライバーをもらい、魔法科高校の劣等生の世界に転生された。
▶魔法科高校の劣等生〜命を燃やす少年 全13話 執筆中
ヌルゲーマー 作(HAMELN)
とある世界で龍騎士として戦った男がいた。最後の戦いで勝利したが、戦いの余波で次元の狭間が開く。次元の狭間に飲み込まれた男がたどり着いた地は、四葉だった。
▶四葉の龍騎士 全33話 完了

夏休みのある日、桐生斬は四葉真夜と結ばれた。ただし、それは一部を除いた四葉家と司波兄妹、世間一般には現時点では公表しない事となったのだった。
▶四葉の龍騎士 -横浜騒乱編ー 全5話 完了
ジョンソンBBA 作(HAMELN)
一般の中学に通っていた魔法の才能のあるはずの僕が魔法科高校に入学しました。そしたらいじめられました。
▶魔法科高校の本当の劣等生 全2話 執筆中
鳳凰ムイト 作(HAMELN)
第1高校に入学した達也と深雪。周りからはとても優秀な妹と、劣等生の兄として見られている彼らは四葉家の縁者。その四葉家のもし四葉真夜に隠し子的な存在がいたら。そして彼が四葉と名乗り1高に転校してきたら。これから主人公達を巻き込む事件とは?
▶四葉を継ぐ者 全3話 執筆中
愚者ぺら 作(HAMELN)
遥か昔から日本を守り続けてきた存在「五神家」。五神家は青龍、朱雀、白虎、玄武、そして黄龍からなる。そんな五神家の一つ黄龍の次期当主「桐生神威」。彼は黄龍の名を継ぐために魔法大学附属第一高校に入学する。彼はそこで何を知り、何を学ぶのか、そして彼は何のために魔法を使うのか........
▶魔法科高校の劣等生-黄龍の異端児- 全26話 執筆中
双卓 作(HAMELN)
特に意味がある訳でもなく転生させられた男が生まれた先は「アンタッチャブル」と恐れられる四葉家だった!?少年は貰った特典を駆使して原作キャラと様々な危機を乗り越える。
▶とある四葉のレベル5 全9話 執筆中

0 件のコメント:

コメントを投稿