2014年3月14日金曜日

デジタルカメラ>覚書 CASIO EXILIM-S1(発売:H14.06.21)

[外観]
[主な仕様]
発売日2002年 6月21日
価格オープンプライス
撮像素子1/2.7インチ正方画素原色CCD(総画素数:134万画素)
有効画素数124万画素
記録画像フォーマット静止画:JPEG(Exif Ver2.2)/DCF準拠/DPOF対応 動画:AVI
記録媒体内蔵フラッシュメモリ(画像記録エリアは12MB ※3)、SD/MMCメモリカード
記録画素数と枚数
静止画
記録画素数
(Pixels)
撮影画質ファイルサイズ内蔵メモリ
(12MB)
SDメモリカード※
64MB
1280×960FINE約680KB約16枚約82枚
NORMAL約460KB約24枚約126枚
ECONOMY約250KB約43枚約220枚
640×480FINE約190KB約57枚約294枚
NORMAL約140KB約75枚約386枚
ECONOMY約90KB約120枚約618枚
ピクセルジェネレーター使用時※ソフトによる補間処理で200万画素相当のファイルを作成します。
1600×1200FINE約1050KB約10枚約53枚
NORMAL約710KB約15枚約79枚
ECONOMY約370KB約30枚約154枚
動画(EX-M1は音声記録可能)
記録画素数
(Pixels)
一度に記録可能な
最長時間
ファイルサイズ内蔵メモリ
(12MB)
SDメモリカード※
64MB
320×24030秒約150KB/秒
(15frame/秒)
約1分20秒約6分50秒
※松下電器産業(株)製の64MBカードの場合です。撮影枚数はメーカーによって異なります。
音声記録
音楽再生機能
ボイスレコード
消去1画面単位、全画面一括消去可能(メモリープロテクト機能付き)
レンズF2.5、f=5.6mm 35mmフィルム換算:約37mm相当 焦点調節:固定焦点
撮影可能距離約1m~∞
ズームデジタル:4倍
露出制御測光方式:撮像素子によるマルチパターン測光、制御方式:プログラムAE
露出補正-2EV~+2EV(1/3EV単位)
撮影関連機能静止画撮影、セルフタイマー撮影(作動時間10秒)、夜景モード、
動画撮影
シャッターCCD電子/メカシャッター併用、シャッタースピード:1/4~1/8000秒
ホワイトバランス自動/固定(4モード)/マニュアル
内蔵フラッシュ発光モード:自動発光/強制発光/発光禁止/赤目軽減 切替可能 連動範囲:1~2m
モニター1.6型TFTカラー液晶…84,960(354×240)画素
ファインダー液晶モニター/光学式ファインダー
時計機能日付・時刻:画像データと同時に記録
入出力端子USBクレードル接続端子(EX-M1ではリモコン接続端子兼用)
電源専用リチウムイオン充電池
電池持続時間連続再生時:約1時間50分
連続撮影時:約1時間20分(約480枚)※液晶ON時
サイズ/重量
(電池・メモリカード
含まず)
幅88mm×高さ55mm×奥行き11.3mm
(突起部除く)/約85g
付属品リチウムイオン充電池、USBクレードル、専用ACアダプター、
USBケーブル、ストラップ、CD-ROM、取扱説明書
[状況]
●機械の状況
  • 特に故障している様子もなく、普通に撮影・再生ができる
  • フラッシュを使って、白っぽいものを撮影すると、全体がほとんど白くなり、画にならない。
  • 640×480モードでは、画像が悪い。
  • 外部との接続・充電は、クレードルでしかやりとりができないが、幸いセットになっていた。
●クレードルの様子

カメラをクレードルに挿した状態ではチャージ、挿したままカメラの電源ボタンを押すと、USB接続状態となる。
通常のUSBケーブルが接続可能。ACアダプターは、付属の5.3Vのものを使用する。

クレードルにある、デジカメとの接続端子。

0 件のコメント:

コメントを投稿