2014年3月10日月曜日

PC関連電気工作>Windosパソコンを赤外線リモコンで操作する-ソフトインストール編part2-Infrared

WinLIRCをインストールして、動作確認出来たら、いよいよ実際にパソコンをコントロールするアプリケーションをインストールします。このソフトを使用することで、初めてパソコンでリモコンが使えるようになります。ここでは、Infraredについて説明します。

[使用するソフトウエア]
Infrared.exe
Webで検索すると、Vectorのダウンロードサイトに、IRExと似たようなアプリケーションがありました。アドレスは、http://www.vector.co.jp/soft/winnt/hardware/se463424.htmlです。「市販のリモコンでパソコンを操作する時に使えるかもしれないWinLircのクライアント」とあります。さっそくダウンロードさせていただきました。対応OSは、vista、xpとなっており大丈夫みたいです。作者の方、ありがとうございます。

[Infrared.exeの働き]
ソフト詳細説明では「市販の赤外線リモコン(テレビ用など)でパソコンを操作したい場合、赤外線受信機を自作してWinLircというソフトを使う方法があります。その際に必要になる、WinLircのクライアントです。VBのソースコードを同梱しました。」となっています。前回インストールしたWinLIRCのリモコン情報を元に、実際にパソコンに指示を出すソフトらしいです。ただ、動作には.NET FRAMEWORK2.0が必要です。(4.0では動きません)

[Infrared.exeのインストール]
●まず、Infrared.exeをインストールする前に、.NET FrameWork 2.0 をインストールしておく必要があります。マイクロソフトのダウンロードセンターから、「Microsoft .NET Framework Version 2.0 再頒布可能パッケージ (x86)」をダウンロードし、インストールしておきます。(現在配布されている4.0では、起動時エラーが出ました。間違えず2.0をインストールしてください。)

●Vectorのダウンロードサイトから、Infrared.exeの圧縮ファイルをダウンロードします。適当な所に新しくフォルダーを作って、圧縮ファイルの中のファイルをすべて、そのフォルダーにコピーしておきます。

●Infrared.exeと同じフォルダーの中にある、DefultMapping.ircを手直しします。記述方法は、readmeに詳しくあります。また、これを書くには、Windowsキーアサイン、文字以外のコード(特殊なコード)の記述方法、を知る必要があります。これについては書ききれないので、別に参考資料(1)~(3)として書きます。

●infrared.exeを起動すると、下のようなwindowが表示されます。リモコンのキーを押すと、何やら文字が表示されます。タスクトレイの中に入れておくと、じゃまになりません。


一番左端のアイコンがInfrared.exeです。

●なお、スタートアップのフォルダーに、WinLIRCとInfaredのショートカットを入れておく、といいと思います。

●設定ファイル'DefultMapping.irc'について(readmeより)
概要
・あらかじめWinLircのインストールとリモコンの学習を済ませておいてください。
メモ帳などのテキストエディタで編集/作成してください。
・DefultMapping.ircという名前の設定ファイルが必要で、これが起動時に読み込まれます。
・設定ファイルはInfrared.exeと同じフォルダに作成してください。
・必ずタブ区切りで作成します。余分なスペースやコンマなどを入れないでください。
書式
・まずはサンプルの設定ファイル(拡張子.irc)を見ておおよそ理解してください。
・#から始まる行は無視されます。
・各行は次の形式です。
 ボタン名 ((コマンド 引数の繰り返し)の繰り返し)
・ボタン名とコマンドの間、コマンドと引数の間、引数同士の間など、すべてタブで区切ります
・ボタン名はWinLircで設定した文字列を指定します。
・記述したコマンドは前から順番に実行されます。
・設定ファイルに書いていないボタンがリモコンで押されても無視されます。
コマンド
key
キーボード入力を行う
引数は1つで、入力する文字列を記述する。
click
マウスのクリック動作をする
引数は1つで、クリックするボタンを指定する(left、right、centerのみ)。
move
マウスのポインタを移動する
引数は3つで、横、縦、相対/絶対を指定する。
横、縦は整数で入力する。横は右方向がプラス、縦は下方向がプラス
相対/絶対は absolute か relative を指定するが、absoluteは動作未確認、relativeにすると現在位置から指定量だけ移動する。absoluteにすると指定の位置に直接移動する...といいけど.....
shell
指定のプログラムを実行する
引数は1つで、実行するプログラムの絶対パスを指定する。
switch
設定ファイルを読み込みなおす。
引数は1つで、読み込む設定ファイルのファイル名を指定する。
switchはほかのコマンドと同時に指定できない。

[参考サイト]

ありがとうございました。
※1:Windowsをリモコン操作しよう!(http://homepage2.nifty.com/m_nob/make/winlirc/index.html)
※2:FUTABA HOME+BLOG(http://www.256byte.com/remocon/index.html)

0 件のコメント:

コメントを投稿